データセンター(DC)の需要動向が目に見えるかたちで変わってきた。DC向け機器メーカーは、関西地区での引き合いが増えているといい、大手SIerも自らの今夏の首都圏における節電などのために西日本にあるDCの活用を急ピッチで進める。ところが、東京電力の原発事故の余波を受けた関西電力が、今夏の15%節電を要請する事態となり、頼みの関西地区の電力事情の雲行きが怪しくなってきた。情報システムの中枢を担うDCの退避先が定まらない異常事態の様相をみせている。 (ゼンフ・ミシャ、安藤章司)