その他

DCの異変、顕在化 “首都圏離れ”が加速

2011/06/23 14:53

週刊BCN 2011年06月20日vol.1387掲載

 データセンター(DC)の需要動向が目に見えるかたちで変わってきた。DC向け機器メーカーは、関西地区での引き合いが増えているといい、大手SIerも自らの今夏の首都圏における節電などのために西日本にあるDCの活用を急ピッチで進める。ところが、東京電力の原発事故の余波を受けた関西電力が、今夏の15%節電を要請する事態となり、頼みの関西地区の電力事情の雲行きが怪しくなってきた。情報システムの中枢を担うDCの退避先が定まらない異常事態の様相をみせている。 (ゼンフ・ミシャ、安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

関西でDCの建設ラッシュが起きている!? DR対策として注目を浴びるDC建設地の分散化

期せずして生まれた“DC特需” 停電対策で問い合わせ急増

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>データセンター クラウドでニーズ急拡大 勢力争い、激しさ増す

<いまさら聞けないキーワード>データセンター