CA Technologies(バスター・ブラウン社長)が、バックアップソリューション市場で攻勢をかける。9月8日に、主力ブランド「CA ARCserve」のメジャーバージョンアップ版を1年3か月ぶりに発表。東日本大震災で高まった災害対策ニーズに応える。バックアップ製品のなかでも、とくに「イメージバックアップ」と呼ばれる製品の拡販を急ぐ。CA Technologiesはバックアップ・リカバリソリューションでは市場シェアトップだが、イメージバックアップでは競合他社に出遅れている。今回の新版で、イメージバックアップソフトの機能も増強し、一気に攻める。「発売直後に月の販売本数でトップに立つ」と強気。バックアップソリューションのリーダーが、弱みの分野で競合他社を追撃する。(木村剛士)