リコージャパン(佐藤邦彦社長)は、中小企業向けクラウドサービスの提供を加速する。すでに昨秋、クラウドの総合ブランド「リコーワンストップくらうど(ROC)」の提供を開始した。この動きに合わせて、2012年は、営業担当者の評価制度を刷新する意向だ。基幹系業務アプリケーションベンダーのクラウドに対する姿勢にも少なからず影響を与える可能性がある。