3月11日の東日本大震災によって、2011年は企業の災害対策に対する関心が一挙に高まったとみられていた。バックアップ分野に大きなビジネスチャンスがあるとみるITベンダーが多く、今年から本格的に導入案件が増えると踏んでいるようだ。しかし、中堅・中小企業(SMB)は、そもそもDR(災害復旧計画)の必要性を認めない傾向があることが、シマンテックの独自調査で判明した。シマンテックは、ユーザー企業に対して「DRを構築するメリット」を改めて提案するよう、販社に訴えている。