トレンドマイクロ(エバ・チェン社長)と大塚商会(大塚裕司社長)は、中小企業向けのサイバー攻撃対策で協業する。5月22日、サーバーをOSやアプリケーションのぜい弱性を悪用する攻撃や不正プログラムの感染から保護する「サーバプロテクションサービス」を、大塚商会から発売する。

 トレンドマイクロのサーバー用総合セキュリティソフト「Trend Micro Deep Security」のエージェントをユーザー企業のサーバーに提供し、「Deep Security」の管理サーバーを大塚商会のデータセンターで運用管理する。エージェントのインストールは大塚商会が遠隔操作で行う。ラインアップは、ぜい弱性対策の「仮想パッチモデル」、ウイルス対策の「ウイルス対策モデル」、両方を合わせた「フルモデル」の3製品。

 両社は今回のサービスを第一弾として、ハードウェアと組み合わせたパッケージ製品やネットワークソリューションを共同で展開するなど、サービスメニューの拡大に取り組む。(ゼンフ ミシャ)