その他

富士通とNEC 明確になるITサービス事業者への変貌 新中期経営計画を機に問われるビジネスの再編

2013/02/28 21:03

週刊BCN 2013年02月25日vol.1470掲載

 富士通とNECは、ITサービスを中心とする事業構成にシフトすることが喫緊の課題となっている。2012年、大幅赤字を抱えて1万人規模の人員削減を実施したNECに続き、ここにきて富士通も業績が落ち込んでいる。半導体ビジネスの不振が主な原因という。両社は打開策として、クラウドやビッグデータにリソースを集中するなど、収益性の高いITサービスの強化に取り組んでいる。大手2社のITサービス事業者への変貌が明確になりつつある。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

NECと富士通 方針の違いで業績に差 主力事業で、国内市場を拡大へ

人員維持と人員削減 富士通とNEC どちらの決断が正しいのか

富士通と日立 進む子会社再編、「分散から集中」へ

富士通 社長 山本正已

NEC 社長 遠藤信博

外部リンク

富士通=http://jp.fujitsu.com/

NEC=http://www.nec.co.jp/

おすすめ記事