会計ソフトウェアを開発する独立系ソフトベンダー(ISV)のパッケージソフトは、製品枠を決めて開発し、その完成をもって製品がリリースされる。会計事務所の市場に果敢に挑むアカウンティング・サース・ジャパン(A-SaaS)が手がけるクラウドコンピューティングによるSaaS型のシステムは、「極端にいえば製品枠がなく、リリースが製品の始まりで、リリースと製品開発の繰り返しだ」。同社社長の森崎利直は、利用者のニーズに従い、柔軟に変更できるメリットを語る。(取材・文/谷畑良胤)