その他

SIerの海外ビジネス アジア偏重からの脱却 多層的、多角的なビジネスを展開

2014/01/23 21:02

週刊BCN 2014年01月20日vol.1514掲載

 SIerの海外ビジネスが一段と広がりをみせている。アジア偏重の傾向が強かったここ数年の動きとは別に、欧米市場へのアプローチを本格化する動きが目立ってきた。グローバルデリバリサービスや独自のプロダクト、商材によって、多層的、多角的なビジネスを展開しようとしているのだ。欧米市場では、これまでは体力のあるコンピュータメーカーや大手SIerが先行していたが、準大手や中堅SIerも進出を加速させている点が見逃せない。(安藤章司、ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

多様化するSIerのビジネスモデル 変化が大きい三つのポイント

SIerの海外ビジネス 勝ちパターンを見出すには──国内モデルからの発想の転換を急げ

おすすめ記事