その他

NECに「復活」の兆し けん引役はスマートエネルギー 実り始めた聖域なき再編

2014/04/24 20:48

週刊BCN 2014年04月21日vol.1527掲載

 業績不振からの脱却を目指してビジネス再編に取り組んでいるNEC(遠藤信博社長)が、市場の信頼を取り戻しつつある。今年に入ってから、それまで低迷していた株価が上がり続け、今年に入って最大時には100円以上の上昇をみせた。不採算事業を切り離すなど、2013年4月に発表した「2015中期経営計画」で定めた改革が実り始めている。NECは6月に、エネルギー事業の中核開発部隊となる「NEC エナジーソリューションズ」を米国で設立。海外からグローバル市場を攻めるための体制をつくっていく。スマートエネルギーをけん引役として、復活に向けて走り出す。(ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

NEC、中国A123 Systemsの蓄電システム事業を買収、スマートエネルギー事業に統合

押さえておきたい2014年の主要ITトレンド――取材をもとに『週刊BCN』編集部が予測

NECがスマートフォン事業から撤退 「社会ソリューション事業」に社員を再配置 “スマートフォン人材”がNECのDNAを刺激する

NECの新・中期経営計画 「社会」「アジア」で勝負をかける 1300億円を調達して先行投資

NEC、2012年度は増収増益、今後は「社会ソリューション」「アジア」に力点

外部リンク

NEC=http://www.nec.co.jp/