NEC(遠藤信博社長)は、3月24日、中国万向集団グループA123 Systemsの電力会社・一般企業向け蓄電システムのシステムインテグレーション(SI)事業部門であるA123 Energy Solutionsを買収すると発表した。買収金額は約1億米ドルで、6月にNEC エナジーソリューションズとして事業を開始する。

 A123 Energy Solutionsは、A123 Systems独自の正極材「Nanophosphate」を用いたコスト競争力の高い蓄電池や電力会社向け蓄電システム「Grid Storage Solution」などを強みとする。NECは、買収後、 A123 Energy Solutionsの蓄電システム事業をNECのスマートエネルギー事業と統合し、中核ビジネスとしてグローバルで展開する。

 NECは、 統合によって電力会社向けの大規模蓄電システムの構築力と北米・欧州をはじめとする世界各地の顧客基盤を獲得し、スマートエネルギー事業を急速に拡大させる。また、中国では万向集団と共同で企画合弁会社を設立し、大規模蓄電システム事業を行う。(ゼンフ ミシャ)