情報サービス産業協会(JISA、浜口友一会長=NTTデータシニアアドバイザー)が“ポスト・アジア近隣市場”に向けた活動に本腰を入れている。情報サービス業界の要請を受けて、JISAは今年、世界20都市余りに足を運び、地元政府や業界団体などとの意見交換を意欲的に進めてきた。こうした調査を通じて導き出したポイントは、(1)公共政策(2)イスラム(3)中南米の三つだ。(1)はビッグデータなどと密接に関わる個人情報保護の国際ルールづくりで、(2)と(3)は日本の情報サービス業が十分に進出できていない成長市場である。日本の情報サービス業の海外ビジネスを一段を拡大に導くポイントがJISAの活動を通じて見えてきた。(安藤章司)