日本ヒューレット・パッカード(日本HPE)は、企業のマルチクラウド戦略構築を支援するサービス「HPE Right Mix ソリューション」を強化。コンサルティングサービス「HPE Right Mix Advisor」を5月27日に追加した。

 米HPEは、マルチクラウド構築支援サービスを強化するため、パブリッククラウドのコンサルティング企業のCloud Technology Partners(CTP)や、ITサービス利用最適化とクラウド管理のCloud Cruiser、Azureのコンサルティング実績を数多くもつクラウドコンサルティング企業のRedPixieなどを買収してきた。小川光由・執行役員Pointnext事業統括はこの買収により、「パブリッククラウドに関する知見を十分備えることができた」と語る。
 
小川光由
執行役員

 今回リリースしたRight Mix Advisorは、HPEがこれまで蓄積したノウハウに加え、買収した企業の知見を加えたサービスで、グローバルでは2019年3月から提供を始めている。国内での提供が遅れた理由について挾間崇・Pointnext事業統括ハイブリッド製品統括本部A&PSビジネス開発本部本部長は「日本の環境とグローバル、特に米国や欧州の環境は異なる。日本で展開するに際して、国内向けに最適化した」と説明。これまで日本HPEが蓄積してきた経験値を加え、日本企業が求める形にサービスをリブランディングしたという。
 
挾間 崇
本部長

 挾間本部長は日本市場の特有な点として「経営トップから、とにかくクラウドを活用したいとの要請を受けることがある。この場合、クラウドが最大の目的となってしまう」と説明する。何のために、何を目指してクラウド化するのか、クラウドを利用した場合に得られる価値は何か。こうした点を事前に検証するため、勉強会やワークショップを手厚く展開していくという。

 このほか、マルチクラウド環境構築サービスとして以前から提供しているオンプレミス環境を最適化する「Right Mix Infrastructure」、データストアを最適化する「Right Mix Data Store」、ネットワークを最適化する「Right Mix Networking」、ITインフラの消費型サービス「GreenLake」をRight Mix ソリューションとして体系化した。Right Mix Advisorと合わせることで、コンサルティングから構築、保守まで一気通貫で提供していく考えだ。(山下彰子)