日本オラクルは7月8日、今年度(2021年6月~22年5月)の事業戦略を発表した。ユーザー企業の基幹システムのクラウド化を推進し、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」への移行に注力していく方針。同日開催した記者会見で、三澤智光社長は「基幹システムのクラウド化が進む中で、OCIの性能の高さやコスト面での優位性を提案していく」と語った。
 
三澤智光社長

 三澤社長は、「昨年度は、OCIの採用が飛躍的に加速した1年となった」と振り返り、三井住友フィナンシャルグループやNECが基幹システムにOCIを導入したことや、三島市とスマートシティ実現に向けて協業した事例などを紹介。「今年度は、さらにクラウドトランスフォーメーションを加速させる」と力を込めた。