2021年以降、「NFT」という言葉を至るところで目にする。NFTを売買できる「OpenSea」が数百から数千億円の売り上げを誇り、Twitterがサブスクリプション「Twitter Blue」加入者向けにNFTの設定機能を実装した。何気ないデジタルアートがNFTになったことで、数十億円で売れたというニュースも何度も耳にする。NFTに対応したスマホゲームで生活費を稼ぐこともできる。では、そもそもNFTとは何なのか。ビジネスにどのように役に立つのだろうか。そのような疑問を少しでも解消するため、「NFTを活用した新規事業開発」について解説していく。

 NFTとは「Non-Fungible Token」の略称であり、日本語で「非代替性トークン」と訳されることが多く、ブロックチェーン上で発行/取引されるトークン、またそれとひも付くデジタルデータを指す。主な特徴として「ユニーク性を担保できる」「プラットフォームを横断することができる」「取引記録を追跡することができる」などがある。
 

 まず「ユニーク性を担保できる」という特徴に関してだが、これは複製や改ざんができないと捉えると分かりやすい。例えば、この記事の読者に猫の画像を送った場合、送信先である読者のデバイスにも送信元のデバイスにも画像データが残ることとなる。もちろん、さらに別の読者に画像を送れば、その数だけ画像データは複製されていく。

 もし仮に、「我が家の猫が可愛いから、この画像は1000円で売れるはずだ」と売りに出したとしても、無限に複製されていく以上、そこに金銭的な価値を見出すことは難しいだろう。しかし、この画像データとひも付くNFTを発行し、それを取り引きする場合、話は変わってくる。NFTをやり取りする場合、特定の誰かにNFTが送信されると送信元にNFTは残らない。