その他

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・2】業態の変化と求められる業務とは

2022/06/09 10:00

 コロナ禍における緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などの取り組みは外食業界に大きな影響を及ぼし、街で閉店となる店舗が増えた。一方、新店オープンや別の業態(店舗のジャンル)への転換も目立つ。今回は、コロナ禍における業態の変化とそれに対するDX化のアプローチの余地を提示する。

コロナ禍における業態の変化

 居酒屋を中心とした上場企業11社が公開しているIRレポートをもとに2020~22年における店舗数の推移を集計すると、店舗数合計は1割近く減少。「居酒屋(低価格帯)」「居酒屋(中価格帯以上)」は2割程度減少している。「食事(低価格帯)」「食事(中価格帯)」は増加傾向にあり、特に「食事(低価格帯)」は4割強増加。「食事(高価格帯)」「その他」は微減という結果になった。なお、「中食/テイクアウト・デリバリー(ゴーストレストランを含む)」は、大きく店舗数を増やしていることは明らかであるが、ゴーストレストランなどは店舗数のカウントが難しいため、集計していない。
 

 コロナ禍において営業時間が短くアルコールも出せない状況下で、居酒屋は苦戦を強いられた。補助金をもらったとしても存続が難しい店舗については閉店が続き、アルコールなしでも成立する食事を中心とした業態への転換が進んでいることが伺える。ランチ帯まで営業時間を延ばしたほか、定食メニューを充実させて食事メインでアルコールも楽しめるというハイブリッド的な店舗も増えている。

 また、焼肉の食べ放題など、定額コースをメインとした食事業態は好調で店舗数を伸ばしていたが、直近では食材価格の高騰によって食べ放題を続けられなくなる店舗も出てきており、さらに転換が進んでいくことが予想される。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・1】浮き彫りになった課題とは

<イッポまえだのよろしくスタートアップ セカンドシーズン>(12)イデア・レコード 外食ビジネスをトータルサポート

FCEプロセス&テクノロジー 代表取締役社長 永田純一郎

外部リンク

イデア・レコード=https://idearecord.co.jp/

おすすめ記事