その他

【情報セキュリティ対策の道のりと今後の展望・4】標的型サイバー攻撃の被害を受けた企業が実施した取り組み

2022/07/29 10:00

 個々の従業員が実施する対策として、情報セキュリティの人的対策がある。前回、新潟通信機はウイルスと攻撃者の指令(C2)サーバーとの間で行われる不正な通信を遮断する機器を導入したことを挙げたが、そもそもPCがウイルスに感染する原因は人の行為であることが多い。
 

人的対策の重要性

人の行為によるウイルスに感染は、例えば従業員が電子メールに添付されたウイルス付きファイルや、ウイルスのダウンロードリンクをうっかり開いたり、ウイルスに感染している私物のUSBメモリを社内PCに接続したりといった具合だ。

 攻撃者は、作成したウイルスが市販のウイルス対策ソフトなどで検知されないことを予め確認してから、標的とした組織に送り込む。このため、技術的対策としてセキュリティ機器を導入したとしても感染を100%防ぐことは難しい。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【情報セキュリティ対策の道のりと今後の展望・3】標的型サイバー攻撃の被害を受けた企業が実施した取り組み

【情報セキュリティ対策の道のりと今後の展望・2】標的型サイバー攻撃の被害を受けた企業が実施した取り組み

【情報セキュリティ対策の道のりと今後の展望・1】標的型サイバー攻撃の被害を受けた企業の教訓

外部リンク

デジタルデマンド=https://www.digitaldemand.jp/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/

おすすめ記事