その他

【OMOの消費行動に求められる店舗DXとは?・1】コロナ禍以降の購買行動の変化

2022/08/17 10:00

 規模の大小、オンラインかオフラインかを問わず小売り事業者が頭を悩ませている課題は、コロナ禍で消費者の購買行動や買い物の手段が大きく変化し、その影響が今後も続くということだ。一時に比べ、新型コロナウイルスの猛威は落ち着きを見せているとはいえ、コロナ禍以前に戻ることはない。そのような状況下、注目されているのがOMO(リアル×オンライン化)やオムニチャネル(Omnichannel)だ。この連載では、OMOの消費行動に求められる店舗DXについて解説したい。
 

オンラインとオフラインの区別をなくした流通経路を構築する「オムニチャネル」

 OMOは、消費者の購買手段の多様化やそれに対応する小売り事業者の実態を表していることが多いが、筆者は分かりやすい用語として「オムニチャネル」で説明することが多い。

 オムニチャネルは、消費者が全て(オムニ)の販路(チャネル)から欲しい商品を購買できるよう、「オンラインとオフラインの区別をなくし」流通経路を構築するといった意味合いの用語。これを実現する仕組みとして、実店舗をはじめとする従来の販路・顧客接点、ネットショップなどのオンラインサイトを問わず同じデータベースを使い顧客情報や在庫管理を一元化し、顧客の購買動向に対応するといった例が挙げられる。

 これら戦略や手法について海外や米国の投資家から話を聞く際にもオムニチャネルが一般的だが、日本国内では消費者体験を説明する際にはOMOを用いるケースが多く見受けられる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ヘイ 代表取締役社長 佐藤裕介

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・3】店舗集客の“今”と“これから”

【デジタルマーケティングの道・2】SNSの基本・歴史・分類・特性を知る

外部リンク

ヘイ=https://www.hey.jp/

おすすめ記事