その他

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・4】LINEの普及とビジネスチャンス

2022/08/22 10:00

 近年、外食業界においてLINEの活用が一気に進み、店舗運営には欠かせないインフラの一つとなりつつある。今回はLINEの活用方法について整理しつつ、今後の可能性とそこに求められるDX化アプローチについて提示する。

LINEの活用方法

 飲食店ではすでに大手チェーン店から個店までLINEを活用している。ブランドや店舗でLINE公式アカウントを作成すれば、お友達登録してくれた顧客に対して「フェアやキャンペーンの告知をする」「クーポンを配布する」「個別にお礼や再来訪の催促などのメッセージを配信する」「アンケートを配布する」など、さまざまな施策が実施できる。

 LINE自体に設けられた機能で多くのことに対応できるが、施策ではメッセージ配信が軸になっているため、無料アカウントではすぐに配信上限に達してしまう。有料アカウントに切り替えることでメッセージ配信の枠が増やすことができ、さらに上限を超えた分も従量課金で配信可能だ。LINEを活用すればするほど費用が発生するが、それを上回る売上アップにつながるのである。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・3】店舗集客の“今”と“これから”

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・2】業態の変化と求められる業務とは

【コロナ禍における外食業界のDX化アプローチ・1】浮き彫りになった課題とは

外部リンク

イデア・レコード=https://idearecord.co.jp/

おすすめ記事