その他

【現場から見たERPの歴史と最新事情・4】海外現地法人に展開するには

2022/11/29 10:00


 一般的なERPパッケージは多通貨、多言語に対応しており、グローバルに活動する企業での利用が想定されているため、ERPを標準システムとしてグループ全体に展開導入する手法がよく採られる。ところが、実際に世界のさまざまな国、さまざまな規模の現地法人にERPを導入するのは一筋縄ではいかない。海外現地法人にERPをスムーズに導入するにはどうすればいいか。ERPを海外現地法人に展開していく上で重要なポイントを解説する。
 
筆者がERP導入に関わってきた国一覧

テンプレートは海外法人をベースにすること

 まず、展開のベースとなるシステム(テンプレート)を作ることになるが、この際のターゲット選びが重要となる。日本企業の場合、本社や国内のグループ会社は業務要件や法制度の要件など、システムへの要求が非常に多く、これをテンプレートにすると海外現地法人に全く合わないものになってしまう。

 少なくとも日本国内用と海外用のテンプレートは分けるべきで、海外用テンプレートは例えばタイやシンガポールのような比較的小規模で法制度の要求が少ない国の現地法人で構築すべきである。テンプレートは最小限のものにしておいた方が、後にスムーズに展開しやすい。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【現場から見たERPの歴史と最新事情・3】運用保守に必要な四つのこと

【現場から見たERPの歴史と最新事情・2】導入プロジェクトに必要な五つのこと

【現場から見たERPの歴史と最新事情・1】日本企業による使われ方の変遷

外部リンク

ジェイ・ジェイ・シー=http://jjc-jp.com/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/