Special Feature

動いている!クラウド/SaaSビジネス

2009/12/03 21:33

週刊BCN 2009年11月30日vol.1311掲載

 SaaSが本格的に日本へ上陸してから、今年で3年が経った。リーマン・ショックの影響で「コスト削減」策が急務になった企業の実状にあわせ、「クラウドコンピューティング」と呼称を変えて実質的な導入フェーズに突入したようだ。ハードウェア販売を収益源としないSIerが先行し、サーバーを生産・販売する大手ITメーカーがこれに続く形でクラウド/SaaSの体制を整えているが、大手ベンダーがどんな「商流」を構想しているのかなどをリポートする。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

IPA初のクラウド事業開始、クリエーションラインなどが共同事業体を組織

NEC 「ハード」より「ソフト」 クラウド事業に重きを置く

<ユーザーたちのシステム導入“奮戦記”>日本通運 クラウド/SaaS型CRMを導入

ノーク、国内クラウド市場規模を大胆予想、12年の市場規模は?

おすすめ記事