クラウドコンピューティングの浸透で、情報サービス業のビジネスモデルが大きく変わろうとしている。収益の柱の一つである受託ソフト開発が漸減するなか、有力SIerが次の収益の柱として強化しているのが「業界標準ビジネスプラットフォーム=業界クラウド」である。主要SIerのサバイバルに欠かせない「業界クラウドへの取り組み」を追う。(取材・文/安藤彰司)