消費者の前には、あらゆるチャネルを活用できる自由な環境が広がっている。消費者がネットとリアルを渡り歩くなかで、小売店はいかにして途切れることなく接点を維持するか。販売チャネルの違いを顧客に意識させないとする「オムニチャネル・リテイリング」の最終目標は、購入意思決定の場、決済の場になることだ。すべてのB2C市場に適用できるとして、小売業界以外でも注目され始めている。膨らむ期待にIT業界はどう応えるべきか。(取材・文/畔上文昭)