週刊BCNは2018年12月13日、ITメーカーとIT販社をつなぐイベント「BCN Conference 2018 冬」を開催した。テーマは、「最新テクノロジーから占う2019年」。IoTやAIなどの最新技術を活用してデジタルトランスフォーメーション実現に向けた取り組みを積極化させる企業が増えるとともに、改元や消費税改正、20年にはWindows 7、Windows Server 2008のサポート終了といったビッグイベントを控えるなど、ユーザー企業のIT投資が活発化する要素に事欠かない19年において、ビジネスが盛り上がるであろうソリューションとは--。有識者やITベンダー各社による講演をレポートする。


■詳しい記事はこちら

<BCN CONFERENCE 2018 冬>民間企業にとって宇宙ビジネスは遠くない 日本企業の活動も活発に――スペースアクセス 代表取締役 大貫美鈴氏

<BCN CONFERENCE 2018 冬>Oracle Gen 2 Cloudが日本のクラウドビジネスを変える ミッドマーケット向けクラウド市場開拓は新たなパートナーと――日本オラクル

<BCN CONFERENCE 2018 冬>「ビジネス革命」こそがサブスクリプションの本質 “サブスクリプションを日本で一番知る男”が語る――ビープラッツ

<BCN CONFERENCE 2018 冬>DX実現を支えるNECのHCI パートナーとの協創で新たな価値を提供する――NEC

<BCN CONFERENCE 2018 冬>スーパーコンピューターは「所有」から「利用」へ AIの最前線で活用される高火力コンピューティング――さくらインターネット

<BCN CONFERENCE 2018 冬>SAP HANAはDXのためのプラットフォーム 圧倒的な高速性が強みに――SAPジャパン

<BCN CONFERENCE 2018 冬>テレワークを経営戦略のためのツールに 全国規模での導入拡大を支援――総務省