IT産業の調査・分析と、その調査データを活用したユーザー企業向けIT戦略支援サービスに強いアイ・ティ・アール(ITR)。創業者の内山悟志氏は、経営トップを務めながら今もアナリストとして第一線に立つ。内山氏は、今の国内IT産業をどうみて、ユーザーとITベンダーが成長するために必要なことは何だと考えているのか。「海外で勝つことができる力を身につけることが、ユーザーもベンダーも必要。私たちはそのために、半歩先の情報を提供する」と内山氏は語る。およそ30年にわたってIT産業を観察してきた氏のアナリストとしての捉え方などを聞いた。