NTTコミュニケーションズ(NTT Com、有馬彰社長)は、減収が続く音声伝送やIPなどのネットワーク(通信回線)分野への依存体質から脱却するため、クラウド/データセンター(DC)事業へ積極的に投資している。今年4月18日に発表した「Global Cloud Vision 2013」では、クラウド/DC事業の売り上げを15年度(16年3月期)に2000億円まで拡大する目標を掲げた。有馬社長に、通信事業者ならではのクラウド戦略を聞いた。