野村総合研究所グループのNRIセキュアテクノロジーズ(増谷洋社長)は、情報システムで事故が発生した際の対処や原因追究、再発防止などの一連の対策サービス「セキュリティ事故対策支援サービス」を開始した。

 新サービスは、企業が持つウェブサイトへの不正アクセス、ウイルス、ワームの侵入による情報漏えいなど外部からの攻撃による障害に加え、社員による故意の不正による被害などセキュリティ事故全般に対応する。具体的なサービスメニューとしては、状況確認からトラブルの対処、原因の特定、被害の拡大防止などがある。情報システム障害や情報漏えい事件・事故を未然に防ぐためのサービスは多いが、システムの復旧や原因追究など発生後の支援サービスを体系立てて提供するサービスは珍しい。

 サービス提供にあたって、NRIセキュアテクノロジーズは、セキュリティコンサルティングサービスなどのUBIC(守本正宏社長)と提携し提供体制を整えた。UBICは、内部不正の調査やデジタルフォレンジック技術に強みを持つ。価格は100万円から。