NECは10月25日、世界初の単一コアあたり102.4ギガフロップスを実現した新開発CPUの搭載などにより、最大ベクトル性能が839テラフロップスとなる、ベクトル型としては世界最高速のスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-9」を発売した。価格はレンタルで月額298万円から。今後3年間で700システムの販売を見込む。

 製品化にあたっては、従来のSXベクトルアーキテクチャを継承しつつ、演算器の追加、ベクトルパイプライン数増強などのアーキテクチャ改良により、単一コア当たり102.4ギガフロップスの演算性能と256ギガバイト/秒の広いメモリバンド幅を有する、世界最速の1チップベクトルプロセッサを開発。このCPUを、1ノードあたり最大16個搭載することで、1.6テラフロップスを超える演算性能と、1テラバイトのメモリ容量からなる大規模共有メモリを実現した。さらに、ノードを片方向あたり128ギガバイト/秒の超高速インターコネクトで最大512ノード接続することで、総合演算性能839テラフロップスの超大規模マルチノードシステムを構成する。

 また、65nm Cu(銅配線)プロセスの最先端CMOS LSI技術によって、ベクトルプロセッサ(ベクトルユニット+スカラユニット)を1チップ化。きょう体の高密度実装や冷却の最適設計効率化を図ることで、消費電力、設置面積ともに従来機に比べて4分の1に抑えた。

 オペレーティングシステムには、UNIX System Vに準拠し、大規模マルチノードシステムへの対応、効率をアップさせる運用管理など、柔軟な機能を備えたSUPER-UXを搭載。SXの性能を最大限に引き出すことが可能。