Dayz(玉城朝代表取締役)は5月29日、ウェブサイト利用者のアクセス元の地域を判定するサービス「ジオターゲティングWebサービス」を開始した。初期費用は1万500円で、月額費用は3万1500円。

 ユーザーのIPアドレス情報を独自開発のデータベースで識別し、都道府県単位の位置情報を判定する。利用者は地域情報を分析することで、地域にあった広告やコンテンツを配信することができる。

 地域別のアクセス状況がわかるアクセスカウンターのブログパーツも無償で提供する。パーツを利用すれば都道府県別のアクセス回数と、ブログパーツを閲覧しているユーザーがどの都道府県からアクセスしているのかがリアルタイムで表示できる。