マカフィー(加藤孝博会長兼社長)は、Macプラットフォームに対応するエンドポイント対策製品「McAfee Endpoint Protection for Mac」を11月18日に発売する。

 「Mac OS X Tiger」と「Leopard」に加え、最新の「Snow Leopard」でも動作可能なセキュリティソフト。「ePolicy Orchestrator(ePO)」を使用することで、MacとWindows両OSのエンドポイントを統合管理する。レポーティング機能で、ひと目で分かるセキュリティレポートの作成も可能だ。

 また、「Always-On」(常時オン)プロテクション」とオンアクセススキャンで、ウイルスやワーム、トロイの木馬などのマルウェアを防ぐ。対象を選択してスキャンする機能でシステムのパフォーマンスを高める。既知のスパイウェアについては、怪しいプログラムを網羅した包括的なデータベースで、個人情報を盗み出そうとする前に無力化する。

 Macで動作するアプリケーションを管理し、悪質なプログラムによる既存アプリケーションの改変を防ぐほか、インバウンドファイアウォールでネットワークによる攻撃からMacへの進入を阻止するとともに、アウトバウンドファイアウォールで、スパイウェアなど、データを盗み出すプログラムが個人データをサイバー犯罪者に送信することを防ぐ。