鉄飛テクノロジー(岡田国一社長)は、ファイルサーバー検索に特化した全文検索・情報共有パッケージの新版「FileBlog Ver.2.4」を発売した。

 「FileBlog」は、ファイルサーバーの文書データ検索に特化した文書検索・Web共有システムで、Windowsファイルサーバー環境および「Active Directory」環境に容易に導入できる。最新版では、ファイルサーバーをそのままWebベースの文書共有ポータルにできる「ポータルオプション」機能を新たに提供する。

 また、エンタープライズ検索エンジンとしての基本性能に関わる部分では、検索エンジンにファイルアクセス権情報を格納して、検索性能を大幅に改善する「ACLサーチ」機能を実現した。このほか、「FileBlog」のアクセスログを集計し、システムの利用状況・普及度合いを分析できる「アクセスログ集計オプション」機能を提供する。

 価格は、「モデルS10」(10ユーザー30万文書まで)の初年度ライセンス9万9000円から、「モデルP1000」(1000ユーザー300万文書)の売り切りライセンス420万円まで、導入規模に応じたエディションと購入タイプを用意している。

 「ポータルオプション」は、「モデルS10」向けの7万7000円から、「モデルP1000」向けの63万2000円まで。同社では、10年度までに2万ユーザーライセンスの出荷、1億円の売り上げを見込んでいる。