NTTドコモ(山田隆持社長)は、携帯電話の位置情報を自動的に定期測位するオートGPS機能を利用して、コンテンツ配信企業などが位置情報や位置情報履歴を活用したサービス提供ができるASPサービス「オートGPSかんたん導入サービス」を2月1日に開始する。

 オートGPS機能は、携帯電話の位置情報を定期的に測位して、自動でサービスを利用する企業に提供する機能。位置情報と連動して場所や地域の天気、観光情報の配信などができる。

 新サービスでは、サービス提供を希望する企業に対し、オートGPS機能を設定する携帯電話向けアプリケーションや取得した位置情報、連動した情報の自動配信や利用者の行動分析に活用できる位置の履歴情報機能を提供する。

 コンテンツ配信企業はサービスを利用することで、ユーザーが旅行したときには観光スポット情報やグルメ情報、日常生活では近くの店舗のクーポン情報など、利用者の居場所に最適な情報を配信することができる。

 コンテンツ配信以外にも、定期的に位置情報を取得できる特性を生かして、ブログに位置履歴情報を付与したり、移動距離に応じてポイントが取得できるサービスなどの提供も可能になる。一般企業では、社員の行動把握や車両管理などの用途にも利用できる。

 ドコモは、コンテンツ配信企業や企業システムで携帯電話の位置情報の活用を考えている一般企業を対象に売り込む。すでにJTBパブリッシングが観光やレジャー、グルメ、イベントなどの情報サービス、リクルートがデート情報などの配信で利用することが決まっている。

 対応端末はF-02B、N-01B、P-02B、F-01B、F-04B、N-02B、P-01B、SH-01B、F-03B、SH-03B。利用には月額利用料のほか、初期登録が必要になる。詳細は利用する企業の条件により異なる。申し込みは、全国のドコモ法人営業部門で受付ける。

サービスイメージ