クエスト・ソフトウェア(山岡英明社長)は1月29日、フリーウェアとして「DropThis for SharePoint 1.1J」を提供開始したと発表した。

 「DropThis for SharePoint 1.1J」は、メッセージシステムと情報共有基盤を連携するMicrosoft Outlookのアドインツール。Outlookメールの添付ファイルを自動でリンク形式に変換してSharePointに格納し、メール本文にハイパーリンクを挿入してExchange経由で宛先へ送信する。これにより、添付ファイルによる情報漏えいリスクを削減するほか、Exchangeサーバーの容量の削減、さらにSharePointの利用率向上を支援する。