三井情報(MKI、下牧拓社長)は、クラウド型省エネルギーマネジメントサービス「GeM2(ジェムツー:Green energy Management by MKI)」を、1年間にわたる複数箇所での試験導入を経て、2月18日から提供開始した。同社は、これをもってエネルギーマネジメント市場に参入する。

 「GeM2」は、一般的な省エネ手法である電気空調・照明設備のON・OFFとは異なり、「ガス空調への対応」、「空調設定温度の自動変更」、「冷房・暖房・送風モードの自動変更」を実施し、顧客業務や屋内環境に応じたエリアごとのリアルタイム制御が可能。屋内環境を快適に保ちながら省エネを実現する。

 クラウド型でサービスを提供するため、短期間かつ低コストで導入が可能だという。空調・照明などの設備は改造を加えることなくサービスに接続できる。加えて、設備メーカーやエネルギー種別(電気・ガス)を問わずサービスが利用可能。既存の省エネサービスでは電気のみの対応がほとんどだが、GeM2ではガスにも対応できることが特徴となっている。

 サービス利用料は、1サイトあたり月額4万円から。同社では、家電量販店などのように複数の大型店舗を保有する流通業を主要ターゲットとして提案・営業活動を展開。今後3年間で1000サイトの販売を目指す。

 なお、第1号ユーザーとして、省エネ活動に積極的に取り組んでいる家電量販大手のエディオンでの導入が決定しており、エディオングループ(ストアブランド「デオデオ」「エイデン」「ミドリ」の40店舗)での第1期サービス利用が4月から開始される予定。エディオンでは、今回の導入を皮切りに、順次導入を検討している。