日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、Webサイトへの感染被害が続いているGumblarウイルスへの対策を講じるソリューションサービスを2月24日から提供開始した。

 今回のGumblar対策ソリューションでは、Gumblarウイルスおよび亜種に対して、クライアントPCでの対策強化やWeb閲覧における予防など、複数の製品の組み合わせによる多段的な対策を用意。セキュリティ対策の経験が豊富な専門スタッフが顧客の業務内容やIT環境に適したGumblar対策を提案し、必要なソフト・サービスを選んで提供する。

 また、Gumblarウイルス対策専用の相談窓口を設けて顧客の悩みや相談を受け付けるほか、Gumblar対策以外のセキュリティ対策も含めトータルにサポートする。

 日立情報では、既存の顧客およびセミナー来場者、専用相談窓口相談者を中心に2010年度(11年3月)末までに、50社へのソリューション提供を目指す。