米国シトリックス・システムズと米国ノベルは、エンタープライズクラスの仮想化などで協業することを発表した。シトリックスのCSAパートナーに対するPlateSpinRecon Assessment Programへのアクセスを、今後2か月の間に提供する。

 この提携によって、米ノベルの「SUSE Linux Enterprise Server」は「Citrix XenServer」上で動作するゲストOSとして認定される。両社は、共同でテクニカルサポートを提供。「XenServer」上の「SUSE Linux Enterprise Server」のゲスト仮想マシン上での動作については、「Novell Ready for SUSE Linux Enterprise Server」として認定を受けている4500以上のエンタープライズ・アプリケーションに、「Citrix Ready」コミュニティ認定が与えられる。

 ユーザー企業とクラウド事業者は、異種混在データセンターの運用や管理に、より幅広いテクノロジやプロセスが利用できるようになった。

 シトリックスは、「PlateSpin Recon for Assessment Program」に参加する。これによって「Citrix Solution Advisors」(CSA)のチャネルパートナー企業とシトリックス社内のサービス部門は、ノベルのツールセットを用いて仮想化・サーバー統合・クラウド・レディネスに関するアセスメントを実施できる。

 ノベルの「PlateSpin Recon」は、データセンター・ワークロードのプロファイリング・分析・計画ツール。統合計画とキャパシティ管理を実行することができ、物理環境と仮想環境を継続的に監視できる。