ニュース

OKI、プライベート・クラウドの導入を支援、4月からサービス提供

2010/03/04 10:09

 沖電気工業(OKI、川崎秀一社長)は、2010年4月から、企業のクラウド基盤技術の導入・活用を支援する「プライベートクラウド導入支援サービス」の提供を開始する。自社で構築・運用する「業務システム共通プラットフォーム」をベースに、クラウド基盤の導入から活用するまでをワンストップで支援する。

 サービスは、「プライベートクラウド導入コンサルティング・サービス」「プライベートクラウド構築サービス」「システムプラットフォーム製品群」「運用支援サービス」の4種類で構成。OKIグループ内では、ビジネス変化への即時対応を目的にPaaS形式による「統合プラットフォームFusion」のサービス提供を実施しており、約2年にわたって蓄積したPaaS運営の実績をもとに提案していく。

 サービス提供拡大に向けては、ユーザー企業のシステム部分最適化を図るサーバー仮想化技術を用いたトータルソリューション「仮想化基盤導入トータルサービス」の販売ノウハウも生かしていく方針。
  • 1

関連記事

OKI 会議システムでハイブリッド提案 09年度、成長率10~20%増を見込む

OKIネットワークスなど3社、国内IPテレフォニー分野で協業、SMBを開拓

OKI サーバー管理機器でコスト削減 基幹系システムの運用監視業務で

OKI、損保ジャパン・クレジットのローンシステム仮想化、サーバーを5台削減

<特別企画>クラウド環境の広がりでセキュリティのニーズ高まる 特有の課題解決する製品続々と

外部リンク

OKI=http://www.oki.com/jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>