IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、3月10日、企業ユーザーのノートPCなどに関連する利用実態を調査し、結果を発表した。

 ノートPCの活用では、「生産性が50%以上向上した」と答えたのが全体の6割を超えたものの、社外にノートPCを持ち出して活用するユーザーは全体の約2割にとどまっている現状が明らかになった。PCを持ち歩かない主な理由は、「セキュリティが心配」「携帯電話やスマートフォンで十分」などが挙がった。

 スマートフォンに求める機能も調査。1位「通信速度」、2位「軽量」、3位「キーボード入力」、4位「紛失時の機能停止」、5位「メールの送信」の順となった。

 片山雅弘・携帯端末&クライアントソリューショングループマネージャは、「モバイル端末利用の課題は、セキュリティにある。とくにPCの持ち出しに関しては、企業の意向だけでなく、ユーザー自身も紛失/盗難に対する罰則を恐れ、慎重になっている」と指摘する。

 一方で、「海外ではPCを持ち歩く、あるいは家庭でPCを使うことは当たり前になっている。(モバイル端末の活用は)日本の競争力を左右する重要な課題だ」と話している。

企業別のPCを持ちださない理由(出典:IDC Japan)