ウイングアークテクノロジーズ(内野弘幸社長)は、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の新ユーザーインターフェイス(UI)製品となる情報活用ツール「Dr.Sum EA MotionBoard」の出荷を、3月31日に開始する。提供価格は、1サーバーで400万円(税別)。初年度で30本の販売を目指す。内野社長は「クラウド時代のUIのデファクトスタンダードにする」と、「Dr.Sum EA」がクラウド時代に向けて進化し続けることを明らかにした。

 「Dr.Sum EA MotionBoard」は、自分専用のダッシュボードを作成することができ、そのBoard(領域)上で、「Dr.Sum EA」のデータ用途に応じてチャートや明細データを使って集計・分析ができる。グラフや画像など、さまざまな情報をBoard上で扱うことができ、自由自在に拡大・縮小・移動して見ることができるので、見たい情報に効率よくたどり着けるという。さらに、データの異常値をアラートやメールで知らせたり、定期的に集計結果をPDFで配信するプッシュ機能で、重要データを見逃すことがない。 

Dr.Sum EA MotionBoard 構成イメージ・画面イメージ

 既存の「Dr.Sum EA」エンジンの「Dr.Sum EA Premium」と「Dr.Sum EA Enterprise」に加え、小規模向けの「Dr.Sum EA One」と中大規模向けの「Dr.Sum EA Premium Plus」を揃え、「Ver3.0SP2」として3月24日から出荷を開始した。

 内野社長は、3月24日の記者発表会の翌日、「Dr.Sum EA」のレポーティングUI「Dr.Sum EA Datalizer Expert」のグループ子会社で、北海道旭川市のHITコミュニケーションズ(阿部知社長)の取材の席で、「今回の発表は、単に『Dr.Sum EA』のバージョンアップ版として捉えられたようだが、実は、クラウド時代に向けて大きく製品を変えていく第一歩に過ぎない」と述べ、蓄積した社内の情報や社外の定性・定量データを取り込み、経営戦略構築に役立てる画期的な製品に仕上げていくことを明らかにした。

 「既存の汎用製品には、蓄積したデータを簡単に取り出す仕組みがない。ただ、既存データを利用して新たなシステムを構築するのではなく、ユーザー自身で情報価値を高めることが重要になる」(内野社長)と、同社が提唱する「『情活(情報活用)』により企業力を底上げする」との方針に基づき、国内で眠っている“天才プログラマー集団”のソフト開発会社などと組み、世界に対抗できる製品を迅速に開発していくという。(谷畑良胤)