富士通は3月31日、基幹IAサーバー「PRIMEQUEST(プライムクエスト)」の新シリーズ「PRIMEQUEST 1000シリーズ」全5モデルを、世界各国で発売した。

 1CPUあたり最大8コアの最新のインテル Xeon プロセッサー 7500番台を採用し、従来の「500Aシリーズ」に比べ、価格性能比を最大約6倍に向上させた。さらに、きょう体の設置スペースを約3分の1、質量を約5分の1に小型化。最大消費電力も約3分の1に低減している。

 基幹業務システムや大規模データベースシステム、ERPソリューションのプラットフォームとして拡販し、2013年3月末までの3年間で、4000台の販売を見込む。価格は300万円から。