F5ネットワークスジャパン(長崎忠雄社長)とInfoblox(岡田卓也代表取締役)は、3月31日、インターネット上のホスト名とIPアドレスを対応させるシステムであるDNS(ドメイン・ネーム・システム)分野で協業、DNSのセキュリティであるDNSSECの導入を簡素化するシステムを共同で提供していくと発表した。

 両社は、署名付きDNSSECデータ管理のほか、地理的に離れたサーバー群を対象とした負荷分散手法のGSLB機能の搭載など、統合されたDNSSEC関連のシステムを提供。自動化したDNSSEC対応機能やセキュリティ機能を備えるInfobloxの専用アプライアンスと、DNSSECデータを高速に処理するF5の負荷分散装置「BIG-IP Global Traffic Manager」を連携させる。これによって、ユーザー企業は管理負荷が低減し、DNS攻撃に耐えられるセキュアなインフラを整備できるようになる。

 現在、DNSのぜい弱性を低減するツールとして、DNSSECが人気を得ている。両社製品を連携させたシステムは、クレジットカード番号やユーザーパスワードなど、企業サイトからの情報漏えいを防ぐシステムとして注目を集めそうだ。