インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、4月12日、サーバー証明書の取得に必要な一連の作業を代行する「IIJサーバ証明書管理サービス」で、新たに3種類の証明書を追加したと発表した。

 追加する証明書は、日本ベリサインの「セキュア・サーバID EV」と「グローバル・サーバID EV」、GMOグローバルサインの「クイック認証SSL」の3種類。導入企業が従来の証明書と比較して厳格な認証ができるほか、審査フローの簡素化によって、短期間で安価に証明書を導入できる。サイトのアクセスユーザーにとっては、視覚的にサイトの正当性を確認できるようになる。

 「IIJサーバ証明書管理サービス」は、サーバー取得に必要なCSR(SSLサーバー証明書の発行に向けた証明書の署名要求)の生成をはじめ、証明書発行機関への申請作業を代行するもの。ユーザー企業は、このサービスとIIJのホスティングサービスを組み合わせて利用することで、証明書の取得や維持にかかっていた一連の作業負荷を低減することができる。

 IIJでは、証明書追加を手始めに、自社のクラウドサービス「IIJ GIO」でもサーバー証明書の提供メニュー拡充を検討している。