IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2009年の国内仮想環境管理ソフトウェア市場の実績と2014年までの予測を発表した。

 09年の市場規模は、対前年比34.4%増の101億300万円で、09年~14年の年間平均成長率(CAGR)は33.8%と予測した。結果、14年の市場規模は09年の4倍以上となる433億円に達するとみている。

 長期的に伸びる要素として、IDC Japanは「ユーザー企業は、仮想環境の運用管理コストの削減に着目し始めている。ハイパーバイザーで構築された仮想環境を効率的に管理するソフトの導入が進む」と説明している。(木村剛士)