フォトロン(塚田眞人社長)は、512×512ピクセルで2000コマ/秒の撮影映像をリアルタイムにPCメモリに転送可能な高速度カメラ「IDP-Express R2000 デスクトップパック」を、6月9日に発売すると発表した。

IDP-Express R2000 デスクトップパック

 「IDP-Express R2000 デスクトップパック」は、高速度カメラ単体での撮影だけではなく、PCや他の機器への組み込み用途にも適したPCI Expressボード型の新しい高速度カメラ。小型・軽量サイズながら、512×512ピクセルで2000コマ/秒の撮影スペックをもったカメラヘッドを2台同時に接続することが可能。撮影したデータは、リアルタイムにPCのメインメモリに転送・記録される。

 製品購入後、すぐに撮影できるように、製品をデスクトップPCに組み込んだ「デスクトップパック」として販売する。価格は207万9000円から。