モンスター・ラボとアイエニウェア・ソリューションズは、自然な会話体で高度検索を可能とするiPhone向けアプリケーションフレームワークを共同開発し、同フレームワークをベースとした“サンプルアプリ”として、iPhone向け会話型レストラン検索アプリ「iCRUSE」をApp Storeで無償提供している。

 「iCRUSE」は、例えば「赤坂のイタリアンで、ワインがいっぱいあるといいな」といった自然な会話文を入力するだけで、iPhoneで素早く目的のレストランを検索することができる。1回の会話情報で検索結果が確定できない場合には、音声ナビゲーションとユーザーが好んで使う検索ワードが反映される「ヒント」と呼ばれる画面下のキーワードタブのタップ操作で、対話を繰り返しながら自分のフィーリングに合ったレストランを検索することが可能となる。

 今回、モンスター・ラボとアイエニウェアが「iCRUSE」のために開発したiPhone向け自然言語解析アプリケーションフレームワークは、iPhoneの高い操作性とアイエニウェアの自然文検索エンジン「Answers Anywhere」の言語解析によるパーソナライズ検索技術を利用したもの。インターネットと社内、クラウド上のデータを一元的に検索対象として活用できるため、個人向けからエンタープライズまで、さまざまなiPhoneアプリの開発を支援するフレームワークとなっている。

 両社では、「iCRUSE」の5万件ダウンロードを目指すとともに、今後も幅広い分野でのパーソナライズ検索アプリの開発を予定している。今回の協業で、iPhone向けモバイル・ソリューションの導入を検討している企業やシステムインテグレータに向け、同フレームワークを含めたエンタープライズ・モバイル・ソリューションを提案していく。