ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)とEMCジャパン(諸星俊男社長)は6月15日、佐賀大学(佛淵孝夫学長)の統合情報基盤センターが運用するキャンパスネットワークの刷新において、両社のソリューションが採用され、最先端の仮想化技術を導入したネットワーク利用者認証システム基盤を構築したと発表した。

 佐賀大学では、ネットワーク利用者認証システム「Opengate」を00年9月から運用開始しているが、「Opengate」の基盤であるサーバーやネットワーク機器の老朽化に対処するため、09年にシステム基盤の更新を決定。システム基盤構築にあたり、最先端の仮想化技術を取り入れた提案力、および過去の導入・構築、保守・サポートの実績に対する技術力が評価され、ネットワンシステムズの提案が採用された。

 新たに構築したシステム基盤は、提案から導入・構築支援、保守をネットワンシステムズが担当。FCoE(Fibre Channel over Ethernet)に接続可能なEMCのミッドレンジ・ストレージ・システム「EMC CLARiX CX4」、ヴイエムウェアのサーバー仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」、シスコシステムズの仮想環境用ソフトウェア・スイッチ「Cisco Nexus 1000V」とFCoE対応スイッチ「Cisco Nexus 5010」を採用し、3月から本格稼働を開始している。

 新システム基盤では、1台の物理サーバー上に複数台の仮想マシンを構築し、Opengateシステム用の物理サーバーを従来の22台から7台に削減した。さらにFCoEによってケーブル数を削減するとともに、仮想サーバーを仮想環境用ソフトウェア・スイッチによって一貫して管理することで、柔軟かつ効率的な運用を実現した。また、こうした仮想環境下で、「Opengate」が稼働するゲストOSとログを保存するためのストレージとしてEMCの「CLARiX CX4」を採用し、高信頼・高可用な運用を実現している。