ITコア(山田敏博社長)は、日本版仮想化クラウドサービス「GrowServer2010」に半導体ストレージなど高パフォーマンスモデルを追加した新サービス「GrowServer2010-II(GS10-II)」の提供を7月1日から開始する。

 GS10-IIは、ストレージラインナップを強化。高速ストレージの採用で、パフォーマンスが飛躍的に向上した。リソース(CPU/メモリ)の選択に加え、高パフォーマンスのストレージを搭載したサービスメニューを「high」「super」モデルとして選択できるようになったことで、従来ではクラウド化しにくかった高負荷なDBサーバなど、アプリケーションの適用範囲を大幅に広げることが可能になる。

 ラインアップは、従来提供していたストレージと同等の「Shareクラス」をはじめ、クラウド向け高速ストレージ「3PAR」などを採用した「highクラス」、半導体ストレージなどを採用したさらにパフォーマンスの高い「superクラス」、低価格版の「localクラス」の4種類。

 メモリ、CPUは、月額5000円と低価格で提供する「A100モデル(CPU0.5GHz+メモリ512MB)」を追加。CPUを「core単位」から「GHz単位」に改訂し、0.5GHzから利用できるようになった。