日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、7月7日、医療法人財団白十字会(富永雅也理事長)が日本オラクルのビジネス・インテリジェンス(BI)製品「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus(Oracle BI Suite EE Plus)」を活用して、医療情報のデータウェアハウス・システム(DWH)を構築したと発表した。

 医療法人財団白十字会は、佐世保中央病院や白十字病院、燿光リハビリテーション病院など、長崎県北部と福岡市に複数の医療・介護施設を運営する。医療の質向上と効率化などのためにIT導入に積極的で、電子カルテシステム「HOMESSystem (ホームズ)」や、医事会計システム、オーダリングシステムなど、五つのシステムを構築。蓄積した情報を有効活用し、医師や職員の研究支援や病院経営の効率化を図っている。

 情報を有効活用するために、一昨年夏に「Oracle BI Suite EE Plus」を採用。選定理由は、日本オラクルの豊富な実績と機能に加え、既存システムとの親和性だったという。09年2月から構築を始めた。担当SIerは新日鉄ソリューションズ。

 白十字会では現在、職種ごとにアクセス権限を設定し、経営企画統括本部など20部門の約150人が新医療情報データウェアハウス・システムを活用している。