日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、ベネッセコーポレーション(ベネッセ)が顧客分析業務などに利用する情報系基盤に、「Oracle Exadata Version 2」を採用したことを発表した。

 ベネッセは、「Oracle Exadata Version 2」を情報系基盤に採用するにあたり、日本オラクルと共同で事前の動作検証を実施。既存システムからパフォーマンスを大幅に改善した。同時実行性と混在処理の検証では、参照処理を多重化した場合でも安定した処理性能を発揮し、すべてのテストケースにおいて、事前想定を超える性能であること確認できたとしている。

 「Oracle Exadata Version 2」の中核である「Sun Oracle Database Machine」は、ベネッセの会員情報やサービス利用履歴などのデータを活用し、高度な集計・分析・レポート処理を可能にした。ベネッセは、「Oracle Exadata Version 2」のほか、「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition」と「Oracle Enterprise Manager」を採用した。

 ベネッセは、データウェアハウス基盤としての用途に限定せず、データベース基盤としての有効活用も継続して検討している。