日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)とクオリティソフト(浦聖治社長)は7月6日、ソフトウェアライセンス管理の分野で協業し、ソフトウェアの有効利用とコスト削減を可能にするソフトウェアライフサイクル管理ソリューションを共同開発したと発表した。

 このソリューションは、すでに機能面で連携を図ってきた日立情報のライセンス管理システム「License Guard」とクオリティのIT資産管理ツール「QAW/QND Plus」に、日立情報のWeb対応ワークフローシステム「快速フロー」を新たに連携させ、PCの導入からソフトウェアの購入・管理までのワークフローと情報管理を一元化したもの。

 ユーザーはソフトウェア資産の有効利用とコスト削減が可能となる。様々なライセンス形態に対応した管理ができるため、違法コピー防止によるコンプライアンス徹底・リスクプライスの削減にも貢献する。

 両社では、今回開発したソフトウェアライフサイクル管理ソリューションを販売パートナーとともに拡販し、12年度(13年3月末)までに5億円の売り上げを目指す。