富士通(山本正已社長)と富士通ビジネスシステム(FJB、古川章社長)は、7月14日、FJBの新社名を2010年10月1日付で「株式会社富士通マーケティング(略称:FJM)」とすることを決定した。

 富士通マーケティングは、富士通グループのなかで中堅民需向けビジネス拡大の戦略的SI会社として生まれ変わる。従来のFJBは、「SMB向けSI会社」を謳っていたものの、大企業向けビジネスが多かった。FJBへの中堅民需向けビジネス関連のリソースを収集する戦略は、今春にすでに発表していた。

 4月1日から構造改革を進めており、富士通の中堅市場向けソリューション「GLOVIA smart」の企画・開発人員138人をFJBに移管し、富士通内に「民需ビジネス推進室」を132人体制で設置していた。新社名となる10月1日には、同推進室の東名阪地区のパートナー支援部隊を富士通マーケティングに移管する。